渡嘉敷島の魅力

慶良間諸島の渡嘉敷島には魅力がたくさん。 - 台風がやってくることを忘れないで!

台風がやってくることを忘れないで!

夏になると気候が晴れで安定する一方、絶対に忘れてはならない存在があります。
それは「台風」です。
台風がやってくると暴風やら大雨やら大波やらで様々なことに注意しなければならないからです。
夏に慶良間の海へダイビングをお考えの方は、絶対に台風に注意しましょう。

船や飛行機が止まる

まず台風が沖縄に近づいてきたときには船や飛行機が止まると言うことをあらかじめ念頭に置いておきましょう。
本州にやってくる台風と沖縄にやってくる台風は全く次元が異なり、台風が勢力を強めている最中に通過するため私たちが想像している以上に強い台風が直撃します。
沖縄の家々がコンクリート造りであると言うことをご存じの方も多いかもしれません。
あれは台風の時に木造ではどこかに吹き飛ばされてしまう可能性があるからあのようになったと言われています。

海も大荒れ

台風がやってくると言うことは当然海も大荒れになります。
考えてみれば慶良間の海に潜りに行こうとしているのに、海が大荒れになってしまっては自分が海の藻屑になってしまいますね。
それでは元も子もありませんから、慶良間へダイビングしに行くときには必ず最新の台風情報を確認しましょう。
もしも自分が行こうと思って休暇を取ったときに台風が直撃してしまった場合、日付をずらすか最悪その日の旅行はあきらめましょう。

命を第一に考える

沖縄への旅行は台風という大きなネックが存在することを忘れてはなりません。
本州に近づかない台風であったとしても、沖縄を通り中国大陸へ抜けるという台風もありますから全国版の天気予報でチェックするのでは無くインターネットで沖縄版の天気予報を必ずチェックしてください。
台風の情報に夏は気をつけましょう。

関連する記事