渡嘉敷島の魅力

慶良間諸島の渡嘉敷島には魅力がたくさん。 - 慶良間諸島の渡嘉敷島の魅力を満喫できる観光スポット

慶良間諸島の渡嘉敷島の魅力を満喫できる観光スポット

まるで日本ではないような独特の自然を楽しめる慶良間諸島。
今回は【慶良間諸島の渡嘉敷島の魅力を満喫できる観光スポット】の一部をご紹介しましょう。

アラン展望台

12月から4月の頃はクジラが帰ってくる時期です。
そんなときにはアラン展望台はホエールウォッチングにはベストな展望台です。
双眼鏡も完備されているのがうれしいですね。
もしも、双眼鏡を持っているなら持参するといいでしょう。
望遠のカメラで撮影しているカメラマンも見かけます。

とかしく海岸公園

こちらには展望台やベンチがあります。
強い日差しを避けることができる展望台の下で休憩していると爽やかな風が心地良いです。
思わず時の流れを忘れるほど優雅な時間を楽しめるのではないでしょうか?
ケラマブルーの絶景を楽しみながら、ゆっくりと休憩していただける公園です。

阿波連ビーチ

渡嘉敷島で海水浴・水遊びを楽しむならば外さない有名なビーチです。
遠浅の綺麗な砂浜はステキでリゾート気分を満喫できます。
夏場のシーズンにはたくさんの観光客で賑わいます。
dfdtgegrea
ダイビングを躊躇するならばシュノーケリングを体験してみてはどうでしょうか?
夏休みを過ぎた時期になると観光客も少なくなり、ゆったりとした雰囲気が楽しめます。
この時期を狙って長期休暇をとる人も最近は増えてきているようです。
阿波連ビーチの前には「ハナリ島」がありますが、別名で「シブガキ島」と呼ばれており人気アイドルグループだったシブがき隊の像があります。
サンセットはまたまたロマンチックな風景を楽しめるでしょう。

阿波連園地

ここは渡嘉敷島の最南端にあり車でなければ訪問できないです。
最南端ですから岬からは絶景が楽しめるのですが、他のエリアとは迫力が全然違います。

まとめ

視界が50メートルにもなることがあると言われる透明度がある海。
ダイビングスポットとしても有名です。
渡嘉敷島周辺では多くの亀が生息しておりダイバーたちを楽しませてくれます。
qwefwfea
ビーチから無人島までは泳いでいける距離のところもありますので、これも魅力のひとつです。
スキューバダイビングは何やらちょっとハードルが高いと感じている人もいるでしょう。
ならば、まずはシュノーケリングからスタートしてみてはどうでしょうか?
シュノーケリングならば体験ダイビングよりもさらに手軽に慶良間の海を楽しめるでしょう。

今回は【慶良間のマリンアクティビティ・シュノーケリングを気軽に楽しもう!】をテーマにお話します。

ツアーに参加すると安心です。

那覇市内のホテルから出発できるツアーが結構あります。
ツアーによって違いますが、2名から3名様から受付してくれます。
人数が6名様以上になるとグループ割りになってお得なツアーもあります。
ある程度の人数で申し込むとボートは貸切になるのでワイワイ盛り上がれるでしょう。

健康に不安がないならば子どもから高齢者まで参加できます。

ゲストはシュノーケリング専用のジャケットを着用しますから、海に入っても身体は沈みません。
力を抜いてリラックスして水に浮かんでいるだけでいいのです。
それだけでこれまでには見たことがないケラマブルーの海を楽しめます。

初心者でも丁寧にシュノーケリングの説明をしてくれるから安心!

ツアーをスタートする前に、マスク・シュノーケル・フィンの注意点や使い方をレクチャーしてくれます。
ツアーの場合は<シュノーケリングインストラクターライセンス>を取得しているプロのインストラクターが同行します。
初心者でも安心ですし、サンゴや魚の知識も豊富です。

まとめ

ボートで行くシュノーケリングですからビーチからでは行けない慶良間諸島の無人島などのポイントから選んでくれます。
海況や天候を見ながらその日のベストポイントをチョイスしてくれます。
日焼けをするので、背中にしっかりと日焼け止めを塗っておくことを忘れずに!
また、慶良間ダイビングもおすすめです。
慶良間ダイビング&シュノーケル徹底ガイド|沖楽(おきらく)
http://xn--eckya9b6d1ho13pw75btq1aw4b.jp/ritou/kerama/guide/

初心者の方でもチャレンジできます。